カラフルな選択

どんな点を重視して選ぶと良いか

白衣というのは皆さんご存知だと思いますが、スクラブと聞いて分かる方は、どれだけいるでしょうか。スクラブとは、医師や看護師が手術の時などに着るユニホームのことを言います。昔は白衣は白、スクラブはブルー系が多かったですが、最近ではカラフルなものがたくさんあります。白衣やスクラブを選ぶ上での、最も重視すべき点は、素材と機能性です。仕事着、しかも衛生面が最も重視されるべき病院で着るものなので、汚れや埃が付きやすい素材ではいけません。また、軽くて丈夫なことも重要です。毎日洗っても大丈夫な素材をお勧めします。そして、動きやすいデザインであることも重要です。病院での仕事では、一分一秒を争うような場面も多々あります。そんな時に動きにくい服を着ていては患者さんの命にも関わります。機能的に優れたデザインのものを選ぶようにしましょう。

白衣やスクラブを部署で使い分ける

さて、白衣やスクラブを選ぶポイントを説明しましたが、最近では、本当に多種多様な種類の白衣やスクラブが市場に登場しています。昔は無地のものばかりだったのが、今ではワンポイントや、袖や襟に刺繍が施されたものや、全体に柄が入ったものなど、オシャレなものが多数あります。病院によっては、こうした多彩な白衣やスクラブを、所属する部署ごとに使い分けているようなところもあるんです。例えば、外来ナースは白、オペ室勤務はピンク、一般病棟勤務はブルーというようにユニホームの色で、所属する部署が分かるのです。これは、働くスタッフ側からすると、とても便利ですよね。遠くから見ても、そのスタッフが何処の所属なのかひと目で分かるのですから。こんな便利な使い方もあるんですね。